今夏の旅行ブーム!香港国際空港7月の旅客数が前年同月比で8倍に!

今夏の旅行ブーム!香港国際空港7月の旅客数が前年同月比で8倍に!

  1. 翻訳
  2. 訪日中国人
  3. 航空
  4. 旅行・観光

コロナ禍後の政策緩和により、中国国内外での旅行計画が急速に増加しており、香港空港の利用客数も8倍に増加しました。中国本土の旅行先について、長沙や重慶などもその魅力で多くの観光客を魅了しています。アウトバウンド旅行において、この夏の人気国はどのような国が挙げられるでしょうか?日本は人気を集めている傾向がありますか?この記事では、具体的なデータを交えつつ、今夏の中国における旅行ブームについて紹介します。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

今夏、コロナ禍後に中国政府の水際政策の全面緩和を背景に、中国国民のアウトバウンド旅行と消費への欲求が急増し、今夏の観光市場は前年より例外的に活気に満ちています。

中国鉄路集団有限公司によりますと、7月1日から8月21日まで、中国国鉄の夏旅行シーズンにおいて、合計7億100万人の旅客が輸送され、国鉄が大人数の旅客流動を維持したことがわかりました。香港では、香港国際空港の7月の旅客数は380万人を超え、前月比14.9%増、前年同月比8倍増となり、1日の旅客数は12万人を超え、コロナ禍前の60%に回復しました。世界各地からの旅客数が大幅に増加し、中でも東南アジア、中国本土、日本の旅客数の伸びが顕著となっています。

香港は、中国本土出身者の海外旅行において、常に重要な選択肢となってきました。しかし、近年は中国本土の都市化が進み、急速な経済成長やモバイル決済手段の普及が始まったことと、様々なECの普及も見られます。さらに、一部の香港市民がインターネット上で中国本土からの観光客に対して不満を抱いたことなどから、かつて観光地としての香港の魅力は薄れてしまったようです。それでもなお、異文化的な雰囲気を持つ「東洋の真珠」と称される香港は、映画、音楽、テレビの栄光の時代を経ても、東西洋の文化や習慣の融合が香港の街を彩っています。化粧品店めぐりが趣味の人も、ウォン・カーウァイ監督の映画のロケ地を訪れる若者も、飲食店で美味しい料理を堪能しながら時間を過ごすグルメ愛好家も、香港ならではの体験を見つけることができます。

今夏旅行先の人気先は香港だけではなく、中国本土の長沙、重慶、西安、北京、内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区などの都市が、それぞれの豊かな歴史的・文化的遺産、美しい自然景観、魅力的な郷土料理などによって多くの観光客を引きつけています。国際的な視点では、日本、韓国、シンガポール、マレーシアなどのアジア諸国が依然として近距離のアウトバウンド旅行先として人気を保っています。

しかし、今年は東南アジアで頻繁に見られる詐欺による人身売買や臓器取引などが注目されています。これにより、美しい風景、美味しい食べ物、そしてコスパの高さで皆様知られる東南アジアの観光産業に多少なりとも影響を与えています。

現在、夏の旅行シーズン終了まであと10日となり、各地で新たな旅行ピークを迎えようとしていますが、今回は大学生たちがキャンパスに戻る旅となっています。

メディア:艾媒网
元記事:今夏旅游市场“与民同热”,香港国际机场7月客运量同比增8倍

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします