中国国内におけるモバイルアプリの届け出に関する通知

中国国内におけるモバイルアプリの届け出に関する通知

  1. 特集
  2. 法律・法務
  3. 中国ビジネスCOMPASS
  4. 株式会社クララオンライン

2023年7月21日、中国の工業情報化部から「工業情報化部 モバイルインターネットアプリケーションの備案に関する通達」が発令されました。この通達により、中国国内でインターネットを使ったアプリ提供者/開発者は申請手続きを行う必要があります。また、未届け出のアプリにはアプリストアへの登録が認められないなどの影響が出る可能性があります。具体的な申請時間や流れについての詳細はどのようなものなのでしょうか。詳細については、クララオンラインが以下の記事で解説しています。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

中国における「ネットワーク情報サービス管理弁法」は2020年3月1日施行されている。以後数度に渡り関連法規則がアップデートされ、工業情報化部は現在モバイルアプリに対して届け出対応を求めている。

2023年7月21日、中国工業情報化部から「工業情報化部 モバイルインターネットアプリケーションの備案に関する通達」(《工业和信息化部关于开展移动互联网应用程序备案工作的通知》、工信部信管〔2023〕105号。以下、「通達」という)が発令された。

この通達では、中国国内でインターネットを使ったアプリ提供者/開発者は関連規定に従って当局への申請手続きを行う必要があり、届け出を実施していないアプリに関しては、アプリストア登録などができなくなるなどの影響が予想される。対象は中国国内で利用可能なすべてのモバイルアプリ(Wechatミニプログラムを含む)となっている。

本通達の猶予期間は2023年8月末迄。2023年9月から2024年3月までの間に、すべてのモバイルアプリは、省レベルの電信主管部門への届け出が必須となる。また、2024年4月以降は届け出のないアプリに関しては法的な処罰が予定されている。

◆参考URL
《工业和信息化部关于开展移动互联网应用程序备案工作的通知》中华人民共和国工业和信息化部
https://www.miit.gov.cn/zwgk/zcwj/wjfb/tz/art/2023/art_920db564162e4312916a01bed6540ad8.html

クララオンラインコンサルティング事業部では各種中国サイバーセキュリティ法対策、中国個人情報対応に関するご相談を随時お受けしております。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
株式会社クララオンライン

Written by

株式会社クララオンライン

クララオンラインは、20年以上にわたり中国事業で抱えるビジネス・IT技術・人材領域の企業課題を支援しています。日中両国での起業・実務経験者に加えて中国弁護士資格を有するコンサルタントや経験豊富なエンジニアが多数在籍、専門的なビジネスコンサルティング支援からIT・クラウドなどの技術支援までお客様の中国事業の加速成長をワンストップで実現します。

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします