「KOS」はREDプロモーションにおいて最良の選択肢となりつつある

「KOS」はREDプロモーションにおいて最良の選択肢となりつつある

  1. 翻訳
  2. KOL
  3. KOC
  4. マーケティング
  5. インフルエンサー
  6. RED(小紅書)

ブランドの成長に欠かせないKOSとは一体何でしょうか?消費者からの信頼も厚く、専門的な営業スキルを持つ彼らの存在は、ブランドとのつながりをどう変えるですか?KOLやKOCとの違いは?本記事は最近中国のマーケティングで注目を浴びているKOSについて紹介いたします。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

KOSとは

KOL(Key Opinion Leader)とKOC(Key Opinion Consumer)の中間にKOSという選択肢が存在します。では、KOSとは何でしょうか?

KOS(Key Opinion Sales)とは、専門的な営業スキルを持ち、業界やブランドに関する豊富な知識を持つコンテンツクリエイターのことを指します。

ブランドがコンバージョンをますます重視する中で、KOSは領域特化の専門知識を持ち、消費者からの信頼も厚く、ブランドの商品アップデートや運営モデルの推進力となり得ます。

ロレアル・パリは、KOSの効果を試した最初のブランドの一つであるはずです。2016年、同社は5人のコスメKOSを見つけ、消費者にロレアルの製品を宣伝しました。これら数人のKOSはネット上で有名ではありませんでしたが、わずか数ヶ月で彼らの推薦により、True Match(ロレアルのファンデーション)は英国で最も売れているファンデーションとなりました。

KOSは、REDの口コミ施策の発展において必然的なトレンドとなるでしょう

業界の健全かつ秩序ある発展を促進するためには、わずかなトップリーダーに依存するだけでなく、KOSの存在が重要です。

KOSが口コミ施策の必然的なトレンドとなり得るのは、ブランドとの距離が限りなく近いからです。彼らは販売のプロフェッショナルであり、ブランドとの密着度を高め、消費者との信頼関係を築くことで、ブランドと消費者のつながりの向上に寄与しています。

KOSは特定のカテゴリーに特化した販売員であり、消費者からの信頼も厚く、彼らに対するロイヤリティも高いです。

KOL、KOS、KOCを組み合わせたマーケティング戦略

KOL、KOS、KOC、およびその他のKO「X」の統合は、ブランドにとって効果的なモデルをもたらします。

ブランドが若者を引きつけるためにKOLマーケティングに依存することはすでに困難であり、KOSが適切なバランスをもたらすことは間違いありません。

影響力の観点から見ると、KOLはブランドの認知度を迅速に高め、商品を多くの人々に知らせることができます。KOSはプロジェクトの中で後押し的な役割を果たし、KOCは一般消費者に近いため、ユーザーに深く浸透しやすいです。

例えば、ファストファッションブランドのBrandy Melville(ブランディー メルビル、略称:BM)のマーケティングは、自社に依存するのではなく、消費者に依存しています。ブランドが主に利用するマーケティング手法の一つは、セレブと同じスタイルの服を使い、ファンを引き寄せることです。欧陽娜娜や楊冪などのセレブの私服には、Brandy Melvilleの洋服が登場しています。もう一つの手法は、KOL/KOCの注目を浴びせることで、主にREDやWeibo(ウェイボー)を活用し、大量のKOL、KOC、そして一般の人々を駆使して消費者の心を掴むことです。RED上には、「BMガールズ」に関する2万以上のノートがあります。

まとめ

KOP(Key Opinion Professional)、KOL、KOS、KOCなどの分類にかかわらず、これらはすべて、ブロガーの特性をより良く理解し、ブランドがマーケティングの目標を達成するために協力する適切なブロガーをより効果的に選択するのに役立つように設計されています。自社に合ったものを選ぶことが重要であり、現在のトレンドに合わせることよりも重要です。ブランドは自身の状況に応じて戦略を組み合わせ、現実に合わせて調整する必要があります。

元記事:“KOS”正在成为小红书生态的最优选
Wechat公式アカウント:Vic的营销思考

27781125e8a94dbab028cacc288adaf9
  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします