2022-2023年業界動向┃中国「月子中心」(産後ケアセンター) 運営に関するデータ分析レポート

2022-2023年業界動向┃中国「月子中心」(産後ケアセンター) 運営に関するデータ分析レポート

  1. 翻訳
  2. 月子中心
  3. ベビーマタニティ

中国では産後の一定期間を「月子」と呼び、その期間を「月子中心」という産後ケアセンターで過ごす。三人っ子政策による少子化対策など、変化する中国のベビーマタニティ産業へ「月子中心」はどのように変化し、影響を与えるのだろうか?catalyst-crossing編集部が中国現地メディアの記事を日本語でお伝えします。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

「月子中心」は一定期間、安定的に成長し、事業は多様化、差別化、専門化に向けて発展する

中国では「女性経済(※)」の発展と健康的な生育観念が徐々に普及する中で、「月子中心(※)」産業への注目度は依然として高く、一定期間安定した発展を維持すると予想されます。中国のリサーチ会社「iiMedia Research」のデータによると、2022年の中国における「月子中心」市場規模は223億元を超えると予想されます。

「月子中心」産業の持続的な発展に伴い、サプライチェーンの上流、中流、下流のプロセスにおける問題は徐々に改善されてきたが、「月子中心」の消費水準が高いため、多くの消費者は大都市に集まっており、そのうち一線都市、新一線都市、二線都市(※)の消費者の規模は71.1%を占めています。

※女性経済:女性の経済力や社会的地位などの向上のため生まれた新たな表現。

※月子中心(ユエズ・ジョンシン):中華圏の、産後1ヶ月は徹底的に静養する「坐月子(ズオユエズ)」という習慣に基づく、産後ケアセンター。

※一線都市、新一線都市、二線都市:人口や経済の規模に準じた大都市です。一線都市、新一線都市は国内でも発展している国際的な都市となります。

fb2496dbeffd6fa532105488942d3db8

中国「月子中心」産業の発展に対する社会的ニーズ:ベビーマタニティ産業

中国「月子中心」の市場規模は、2021年には4776億1000万元に達し、「三人っ子政策(※)」は2021年5月31日に正式に実施された。iiMediaのコンサルティングのアナリストによると、中国の出生率は2018年から低下しており、2020年の出生率は8.5‰にまで低下すると予想されます。「3人っ子政策」によって、少子化の進行がある程度緩やかになり、出生率が再び安定することが期待されています。このことから、ベビーマタニティ産業のサブセグメントとして、「月子中心」の市場需要と発展の可能性は非常に大きいといえます。

※三人っ子政策:急速な少子高齢化の進展を食い止めるため、全ての夫婦に認められた方針。

fbd4d441c6ba4f81994f290c86394fc9

中国の消費者が「月子中心」を選択する主な理由

中国の消費者が「月子中心」を選ぶ際に考慮する主な要素は、「月子中心」の評判(57.8%)、「月子中心」の価格(51.3%)、「月子中心」の環境(47.5%)です。iimediaのアナリストによると、「月子中心」はサービス業の一部であり、サービス業の評判が消費者の選択に与える影響はより大きいといいます。

中国の消費者が「月子中心」を利用する際に考慮するポイント

調査によると、中国の消費者が「月子中心」を選ぶ際に考慮する主な要素は、「月子中心」の評判(57.8%)、「月子中心」の価格(51.3%)、「月子中心」の環境(47.5%)であることが分かった。iimediaのアナリストによると、「月子中心」はサービス業の一部であり、サービス業の評判が消費者の選択に与える影響はより大きいという。

6843686a7592b4134d649db258a37a18

2022年-2023中国「月子中心」(産後ケアセンター)運営に関する業界動向

「新時代女性(※)」の増加と「女性経済(※)」の継続的な発展という背景において、妊婦に対し、出産、産後のリハビリテーション、育児などで科学的、専門的、全面的な指導とケアを推進し続けられることが、「月子中心」の発展の基盤となっています。 さらに、「三人っ子政策」の実施により、高齢の妊婦や多子世帯の割合が増えたことも、消費市場における「月子中心」の需要をさらに喚起しています。この産業は新たな発展の機会を迎えており、未来の発展が期待されています。

iimediaコンサルティングのアナリストによると、世界的な少子化問題の中で、中国の多子化政策は一時的であるとされ、出生率を効果的に上げることができず、「月子中心」産業にとってリスクとなる可能性があるとも考えられています。

※新時代女性:男女平等を提唱する女性を指します。

※女性経済:女性の経済力や社会的地位などの向上のため生まれた新たな表現。

「月子中心」の産業モデルを徐々に改善し、多様化、差別化、専門化に向けた事業展開を行う。

この数年で、「月子中心」産業はより洗練され、専門的な方向に発展しています。また、消費者の9割以上が「月子中心」のプロフェッショナリズムについて認めているという調査データがあります。

iimediaコンサルティングのアナリストによると、現段階では、「月子中心」の企業ポジショニングがハイエンドから中高級へと多様化し、それに伴い、場所も一流都市から他の低級都市へと徐々に広がってきています。それ以外に、消費者の評価をより高めるために「月子中心」は、提供をする、独自のハードウェア・ソフトウェア資源の面でも、他社との差別化を模索しています。一部の「月子中心」は、既存の出産・育児サービスを継続的に向上させながら、より付加価値の高いサービスを生み出すことで差別化を図ろうとしています。

メディア: 艾媒网
元記事: 2022-2023年中国月子中心行业:月子中心将在一定时期保持稳定发展,业务向多元化、差异化、专业化发展

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします