中国で浸透が進む「趣味消費」:新しい価値観と付加価値の選択基準とは?

中国で浸透が進む「趣味消費」:新しい価値観と付加価値の選択基準とは?

  1. 翻訳
  2. 興味消費
  3. マーケティング
  4. トレンド
  5. ブランディング
  6. 消費

中国における「趣味消費」とは。個人消費が拡大を続ける中国で、2022年以降の新しいトレンド「趣味消費」について中国現地メディアの解説を紹介いたします。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

近年の若者は多様な消費への関心を持ち、現在の社会的なトレンドを発信し、文化的なシンボルとなっています。調査データによると、消費者の主な消費需要の7割以上はソーシャル的ニーズであり、社交や自己満足といった感情的な属性を持つ「趣味消費」への支出は月平均27.6%となっています。「趣味消費」と消費財の関係は徐々に密接になり、 「趣味消費」商品は消費者の生活に浸透し続けています。「オシャレで楽しく便利」な価値の高い商品、IPコラボ&高品質な商品は消費者の間でより影響力があります。

「趣味消費」が新しいトレンドになるにつれ、メディアでの発信とサプライチェーン能力が企業にとっての鍵となるでしょう。IPコラボ、クロスボーダー協力、ソーシャルメディア口コミ、「私域運営」は、ブランドが消費者の興味を引くための重要な手段となります。ニューリテール、ファストフードなども次々と登場しています。

国民の可処分所得は急速に増加しており、個人消費の比率は拡大を続けている

2021年、中国住民の一人当たりの可処分所得は35,128元で、前年比実質8.1%増加しました。住民一人当たりの消費支出は24,100元で、前年比実質12.6%増となる見込みです。2022年Q1、全国一人当たり可処分所得は10,345元で、前年同期比5.1%増加しました。iimediaコンサルティングのアナリストによると、国民の消費水準は上昇し、サービス消費支出は急速に増加し、国民はより質の高い製品・サービスを追求するようになりました。

02b8e049837f8c5c0443e17dcaf7376f

「見栄えの良い」商品の売り上げが増加し、商品のデザインがより重要に

データによると、94%の消費者が商品の見た目が消費に重要な影響を与えると考えており、「見栄えの良い」商品の売上増加率に影響を与えることが多いです。iimediaのアナリストによると、「見栄えの良い」商品はユーザーの満足度を満たすことができるため、製品やパッケージのデザインや創造力は、若者たちが「趣味消費」を決定する際の重要な要素となっています。デザインの競争が激しい時代、ブランドは消費者の美的欲求にもっと気を配り、「見栄え」を「趣味消費」の製品に不可欠な要素としなければなりません。

8e6bf6449617d066766f39722bba35b4

使いやすい製品は、若者「趣味消費」消費者のニーズをよりよく満たしている

調査データによると、若い消費者は、必需品については実用性と品質を重視します。必需品以外の商品については、品質要素に加えて、商品のトレンド、ブランドのコンセプト、デザインなどの関心要素も若い消費者の焦点となっています。iimediaコンサルティングのアナリストによると、これらの「関心要素」が様々な商品に浸透していく中で、商品に付随する感情的な価値は商品の品質・価格比に影響を与えますが、高品質で実用的な「役に立つ」商品こそ、市場経済の試練に耐えられるようになるとされています。

85a1bcb3f36fbaad841f580781fed824

2022年の中国「趣味消費」産業の動向では、若者消費はソーシャル要素と深く結びついており、感情的な付加価値が重要な選択基準となっている

若者の消費行動は「趣味消費」の流れに導かれ、社会生活と深い結合関係を形成し、同じコミュニティに属しているという帰属感が若者の消費を惹きつける重要な要素となっています。iimediaコンサルティングのアナリストによると、ブランドはインタレストマッチングサークルを利用して、商品デザインをさまざまなソーシャルシーンと統合することができ、コミュニティにおける拡散効果を高め、若者消費市場をさらに切り開くことができるとされています。感情的な付加価値が若者の買い物の重要な基準となり、プレミアム価格への受容性を高めています。

感情的な付加価値が若者の買い物の重要な基準になり、プレミアム価格への受容性を高める

様々な商品に「興味要素」が浸透していく中で、感情的な付加価値が若者向けショッピングの新たな測定指標となっています。iimediaコンサルティングのアナリストによると、消費者の関心に基づく行動により、商品の使用価値と感情的価値が徐々に分離され、IP商品やカスタムデザインされた商品がより高いプレミアム価値を獲得することが多くなっています。ブランドにとって、若者の関心を捉え、さまざまなIPの価値を利用し、趣味関心を消費に転換することは、製品の付加価値を効果的に高め、より高いブランディング効果を得ることができます。

価値認識を核とし、IPはブランドが新しい領域に素早く参入するための入場券になるかもしれない

価値認識を核とし、IPはブランドが新しい領域に素早く参入するための入場券になるかもしれません。IPコラボ製品が何度も若者の購買意欲を掻き立てる中、ポテンシャルの高いIPの活用、自社IPのインキュベーション、消費者「趣味消費」の傾向を導くIPの共同創造は、ブランドが迅速にオリジナルの輪を破り、製品の付加価値を高め、より高いブランド利益を得ることにつながります。しかし、ブランドによっては、表面的なデザイン要素などだけを捉えてしまい、若者と精神的な真の価値同一性が生まれない傾向があります。アナリストによると、ブランドは消費者の感情的な要求を把握し、文化的価値観の観点から若者と共鳴する必要があります。若者の感情的価値ニーズの中核を捉えるために、消費者連鎖を戦略的に「囲い込む」必要があります。

メディア:艾媒网
元記事:实战丨2022年中国兴趣消费:以价值认同为核心,情感附加值成重要选品标准

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします