中国の夜間経済:Taobao「夏のキャンペーン」、約1億2,000万人が「夜市」活動に引き込まれ、ショートビデオの総視聴時間は261%増加

中国の夜間経済:Taobao「夏のキャンペーン」、約1億2,000万人が「夜市」活動に引き込まれ、ショートビデオの総視聴時間は261%増加

  1. 翻訳
  2. タオバオ(淘宝)
  3. マーケティング
  4. 夜間経済

中国最大のECプラットフォームである「Taobao」の夏のキャンペーンが成功を収め、1.2億人以上が「オンライン夜市」に参加し、ショートビデオアプリの成長もライブコマース通販やショートビデオ通販の成長に寄与しています。さらに、夜間経済政策の推進により、個人店や屋台も夜間経済の重要な役割を果たすと予測されます。本記事では、中国の新しい消費トレンドについて紹介いたします。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

中国最大ECプラットフォーム「Taobao」の主催した「夏キャンペーン」の大成功で、中国の夜間経済消費活動が活発に発展していることが最近わかりました。公式データによりますと、今回のイベントの開始以来、1億2,000万以上のユーザが夜市のイベントに参加し、ショートビデオの総視聴時間は去年比で261%増加しました。

また、60万以上の小規模事業者が今回の「夏キャンペーン」に魅せられ、イベントに参加したことで、全体の取引規模は前年の5倍に達しました。今回の「夏キャンペーン」はユーザーエンゲージメント向上だけでなく、夜間経済のプロモーションと個人事業主の販売推進にも寄与しています。

iiMedia Researchが近日公表したデータによりますと、夜間ショッピングのオンラインチャネルで最もシェアが高いのはECプラットフォームで69.4%、次いでライブコマースが15.2%となっています。

夜間ショッピングのオンラインチャネルについては、ショッピングモールとスーパーマーケットが65.8%と最も多く、次いでコンビニエンスストアが55.0%、商店街が49.8%となっています。iiMedia Researchのアナリストは、「ショートビデオアプリの急速な成長がライブカメラ通販(ライブコマース)とショートビデオ通販の発展に絶好の機会を提供している」と述べ、各地の政府による夜間経済推進策が全国範囲で実施し始めることにつれ、個人店や屋台も夜間経済の重要な担い手となるだろうと予想できます。

夜間経済は、中国のECプラットフォームにとって重要な成長ドライバーとなっています。「Taobao」は今回の「夏キャンペーン」を開催することで、より多くのアプリユーザーを夜間消費に引き込むことに成功し、夜間経済の繁栄に拍車をかけました。それ以外、従来の消費行為から「いつでも、どこでも消費できる」への変化を反映しており、こういうトレンドに対応するためにECプラットフォームは継続的な革新しなければならないと言えます。

今回の「夏キャンペーン」の成功は、オンラインプラットフォームの大きな夜間消費を誘導・促進する底力を示しています。前述したトレンドは今後も進化を続け、加盟店とプラットフォームの双方にさらなるビジネスチャンスをもたらすと予想されます。

メディア:艾媒网
元記事:艾媒咨询|线上夜经济:淘宝夏日季吸引1.2亿人“逛夜市”,短视频观看时长增长261%

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします