2023年の中国ブランドECサービス業界:業界競争によりサービスプロバイダーは能力を高め、サプライチェーンを切り開くことが業界の今後のトレンドとなる

2023年の中国ブランドECサービス業界:業界競争によりサービスプロバイダーは能力を高め、サプライチェーンを切り開くことが業界の今後のトレンドとなる

  1. 翻訳
  2. 越境EC
  3. EC
  4. サプライチェーン

中国のEC市場における競争が激化する背景において、サービスプロバイダーはどんな変化がおきているのか?本記事は上記の変化及び今後のブランドECサービス業界のトレンドについて説明します。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

5G、人工知能、クラウドコンピューティングなどのテクノロジーが経済発展を後押しする中、伝統的なブランドはデジタル化を受け入れ、ECだけでなく、ECサービスのプロバイダーの発展も後押ししています。この新しい経済発展モデルは、伝統的な経済発展に新たな機会をもたらし、あらゆる地域の生産、消費、流通、投資を促進することができます。

中国ブランドECサービス産業の市場規模

データによると、2022年における中国のブランドECサービス産業の市場規模は3,663億2,000万元で、前年比24.1%増加し、2025年には4,821億6,000万元に達すると予測されています。iimediaコンサルティングのアナリストによれば、現在のECサービスの需要は拡大しており、サービスプロバイダーのデジタルインテリジェンス能力の構築やチェーンサービスシステム全体の改善により、ECサービス市場の規模はさらに拡大するでしょう。

中国ブランドECの主なサービス内容:サプライチェーン・サービス

ECにおける重要な要素であるサプライチェーンは、調達サービスや物流サービスに重点を置いています。越境ECに比べて、国内のECではサプライチェーンがより長く、調達・供給、物流・配送、通関などの側面を含んでいます。サプライチェーンサービスは売上を基準としており、一般的に商品を買いだめしたり在庫を保持したりすることはありません。利益モデルは2つの要素からなり、一部は商品の価格差から利益を得て、もう一部は資本占有料の利息を徴収し、商品の原価は定期的に精算されます。

2023年中国ブランドECサービス産業の発展動向分析:業界競争により、サービスプロバイダーは能力の向上を迫られており、サプライチェーンを切り開くことが業界の今後のトレンドとなる

消費者のソーシャルメディア習慣やニーズの多様化により、ブランドが消費者の需要に対して自身を位置づけることはますます困難になっています。中国のEC市場における競争の激化に伴い、ブランド構築の需要は高まり続けており、コスト管理も厳しくなっています。近年、ブランドECサービス業界の手数料率は若干低下しています。業界の競争が増加する中、サービスプロバイダーはオムニチャネル、オムニチェーン、オムニシーンのサービスに転換し、サプライチェーンの開拓が今後のブランドECサービス業界における明確なトレンドの一つとなるでしょう。

メディア:艾媒网
元記事:2023年中国品牌电商服务行业:行业竞争倒逼服务商提升能力的全面性,从供应链切入是行业未来趋势

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします