「国家級夜間文化・観光消費エリア創成に関する通知・第3号」が発表、中国の夜間経済のさらなる発展は取れるか?

「国家級夜間文化・観光消費エリア創成に関する通知・第3号」が発表、中国の夜間経済のさらなる発展は取れるか?

  1. 翻訳
  2. 旅行・観光
  3. 夜間経済

消費は経済発展の重要な原動力であり、夜間経済は、従来の消費時間を延長し、消費のさらなる高度化に対する重要な取り組みと考えられています。今回、中国国家文化観光部は「国家級夜間文化・観光消費エリア創成に関する通知・第3号」を発表しました。中国都市部の夜間経済はこれからどうなるのでしょうか。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

Iimedia Researchによれば、先日、国家文化観光部は「国家級夜間文化・観光消費エリア創成に関する通知・第3号」を公表しました。各省の観光行政部門は「国家級夜間文化観光消費エリア建設ガイドライン」の要求に基づき、各地の状況を踏まえ、各消費エリア所在地の政府と各部署と共に協力して夜間観光経済を推進することが求められています。また、夜間文化観光経済の要件を実施し、支援する必要があります。そのほか、各部門は秩序ある、健全かつ革新的な発展、夜間文化観光経済の繁栄を目指していく方針です。

消費は経済発展の重要な原動力であり、夜間経済は、従来の消費時間を延長し、消費のさらなる高度化に対する重要な取り組みと考えられています。さらに、夜間経済の発展レベルは都市生活の質、消費レベル、投資環境、文化発展の活力を測る重要な指標とさえみなされています。2019年以降、北京、天津、成都、重慶、上海など中国の各主要都市は、夜間経済を発展させるために様々な施策を実施しています。2023年、商務部は「消費拡大」に重心を置き、消費の経済推進力をさらに強化することを提案しており、夜間経済が消費場面を充実させるための欠かせない重要な要素となっています。

近年以来、中央政府でも地方の省・市政府でも夜間経済の発展を重視しています。国務院は「夜間商業・市場地域の活性化」を呼びかけており、そのため、多くの地域が夜間経済の発展を推進するためのさまざまな公衆政策を導入し、積極的に対応しています。Iimedia Researchのデータによりますと、2016年以降、中国の夜間経済は急成長を遂げており、2023年に総額48兆9,127億元に達すると予測されています。国の全体的な経済状況において、夜間経済の重要性がこれから増していくでしょう。

 現在、消費パターンの急変化と消費時間を延長する傾向によって、昼間の消費とは違う夜間消費の多様なスタイルがこれまでの経済の発展モデルに波紋を広げています。長沙、重慶、西安、北京、内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区などの都市が、それぞれの豊かな歴史文化資源・文化遺産、美しい都市景観、魅力的な郷土料理などによって各地ならではの夜間経済ブランドを作り出して消費者に誘致しようとしています。

元記事: 文旅部发布关于开展第三批国家级夜间文化和旅游消费集聚区建设工作的通知,活跃夜间

商业和市场

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
株式会社マイクロアド

Written by

株式会社マイクロアド

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします