2022年の中国ブランドマーケティング業界:ブランドはオンラインとオフラインの統合に入り、実体経済が発展の焦点となる

2022年の中国ブランドマーケティング業界:ブランドはオンラインとオフラインの統合に入り、実体経済が発展の焦点となる

  1. 翻訳
  2. 種草(口コミ)
  3. ブランディング

中国の一人当たり可処分所得の上昇が消費アップグレードを促進し、ブランドマーケティングにサポートを提供しています。本記事では、モバイル広告市場は安定期に入り、コンテンツ競争が中心となり、政策規制が強化されている背景において、ブランドマーケティングの動向について説明しています。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

2022年の中国ブランドマーケティング業界:ブランドはオンラインとオフラインの統合に入り、実体経済が発展の焦点となる

一人当たりの可処分所得の着実な上昇は、消費のアップグレードを促進し、ブランドマーケティングの基盤となっています。データによると、改革開放後、中国の一人当たり可処分所得は急激に上昇し、2021年には35,128元に達しました。消費構造の観点からは、ほとんどの消費者の物質的な需要は満たされ、より多くの購買力が生活の質の向上に向けて使われています。ブランドは製品の約束やロゴとして、製品力、コミュニケーション力、認知度を持ち、品質と直接的に結びついており、消費者の生活の質に対する要求をよりよく満たすことができます。

トラフィック配分は徐々に低下し、モバイル広告はトラフィック競争の時代を終え、業界全体が安定した発展期に入っています。ブランドマーケティングの成長は、さまざまな形態の統合や広告をベースとしたコミュニケーションチャネルの拡大、多様化したコンテンツなどを通じて実現されています。広告はブランドマーケティングの成長に伴い充実し、重要な戦略手段となっています。

中国のモバイル広告市場、2025年に4,867億6千万元に達する

データによると、2020年には新型コロナウイルスの影響でモバイル広告市場全体の規模が減少しましたが、2021年には前年比6.0%増加し回復しました。iimediaコンサルティングのアナリストは、モバイル広告業界は2015年にモバイルインターネットのトラフィック急増に追いつき、規模が急速に拡大したと述べています。トラフィック配分の低下に伴い、モバイル広告はトラフィック競争の時代を終え、業界全体が安定した成長期に入りました。政策規制が強化され、コンテンツ競争が中心となり、規模の成長率も安定しています。

ブランド感度:ブランドの活動が消費者を惹きつける可能性が高いこと

調査データによると、ブランドの情報を追いかけることやブランドのオンラインまたはオフラインの活動に参加することは、消費者が最も好む形態であり、それぞれ74.9%、73.0%に達しています。iimediaコンサルティングのアナリストによれば、ブランドマーケティングはコンテンツベースであり、「KOL」が「種草(口コミ)」などの活動を通じて製品コンテンツを広めることで、消費者に容易にアプローチし、コミュニケーション効果を高めることができます。消費者の関心を素早く引きつけ、マーケティングの目標を達成することができます。ユーザーが「KOL」がシェアしたコンテンツに関心を持っている限り、自然にブランド関連の活動に参加したいという心理が働き、ブランドのロイヤルユーザーとなる可能性が高まります。

中国におけるブランドマーケティングの動向

ブランドはオンラインとオフラインの統合に入り、実体経済が発展の焦点になる

2021年、新型コロナウイルスの緩和に伴い、店頭での消費市場の規模は着実に回復し、新たな需要、シナリオ、ビジネスモデルの進化とともに、ブランドはオンラインとオフラインの統合を進め、実体経済の発展を促進しています。

「種草(口コミ)」経済がトレンドになり、私域流量がブランドの焦点になる

ブランドマーケティングの展開も、広告を中心としたコミュニケーションチャネルの拡大やコンテンツの多様化など、さまざまな形態の統合が進んでいます。ブランド戦略の重要なツールである広告は、ブランドマーケティングの成長に伴い、より豊かな形態を持つようになりました。DouyinやRED、Bilibiliなどのコンテンツプラットフォームが人気のコミュニケーションチャネルとなり、KOLも広告主のマーケティング戦略における重要なパートナーとなっています。「国潮」やレトロ、二次元、サイバーパンクなどのスタイルや要素がトレンドとなり、ブランドのポジショニングを強調し、市場の広範なターゲットセグメントに対応しています。大手小売業者のブランドは、私域流量を活用し、各プラットフォームでの分散を図り、自社ブランドを中心とした新しいコミュニティを形成し、ユーザーの結びつきを強め、商品の販売を容易にしています。

メディア:艾媒网
元記事:2022年中国品牌营销行业:品牌进入线上线下融合发展,实体经济将成发展的重点

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします