RED傘下ECプラットフォーム「LittleOasis」、CS目標未達成により運営終了

RED傘下ECプラットフォーム「LittleOasis」、CS目標未達成により運営終了

  1. 翻訳
  2. EC
  3. RED(小紅書)

中国ライフスタイルプラットフォームである「RED」(小紅書)傘下のECプラットフォーム「LittleOasis」(小绿洲)が、ユーザー向けの発表を行い、2023年10月1日から商品の販売を停止し、10月31日にプラットフォームの運営を終了することを発表しました。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

iiMedia Researchによりますと、中国ライフスタイルプラットフォームである「RED」(小紅書)傘下ECプラットフォーム「LittleOasis」(小绿洲)は先日、ユーザー向けの発表を行い、2023年10月1日から商品の販売を停止し、10月31日をもってプラットフォーム運営を終えることがわかりました。

「LittleOasis」の「運営終了のお知らせ」によれば、キャンプ、スキー、ライディング、ハイキングなどのアウトドア用品販売に焦点を当てていたにもかかわらず、会社が設定した顧客満足度(CS)目標を達成できなかったため、運営終了となりました。

現在の市場競争の激化と顧客ニーズの多様化を背景に、有名なECプラットフォームでさえ、顧客の期待に応える課題に直面しています。REDは「Little Oasis」からの商品返品などの問題について、注文履歴ページからカスタマーサービスを提供し、顧客の法的な返品権利を保護すると述べています。

「LittleOasis」の「バイヤー中心」というビジネスモデルは昔EC分野やSNSで話題を攫いましたが、バイヤーの販売している商品のターゲット層が単一であるため、売上が低迷しました。

REDコミュニティーのコンテンツ共有特性により、ユーザーの購入意向が口コミを通じて高めることは「バイヤー中心」モデルの肝心です。しかし、バイヤーのセンスや個人の好みに依存するため、商品の種類が限られ、ユーザーが興味のある商品を見つけにくく、「LittleOasis」の利用意欲を低下させる可能性があります。

一方で、RED公式がコミュニティーで掲載されたコンテンツ内容を管理することは、バイヤーの創造性を制限する可能性がある一方で、監視が不十分になるとバイヤーが個人的なマーケティング活動を増加させ、プラットフォームの評判とユーザーエクスペリエンスを損なう可能性があります。

これらの理由から、「バイヤー中心」のビジネスモデルを成功させるには、バイヤーやコンテンツ投稿者の創造性を発揮できる十分な創作自由を提供する一方で、プラットフォームで共有されたコンテンツの品質と信頼性を維持するための適切な管理が必要です。このバランスを取ることが、「バイヤー中心」のビジネスモデルの持続的な成功を収める目標につながります。

「LittleOasis」はもはや人々の視野から消えていきましたが、その経験は激しい競争の最中に立っているEC業界において貴重な教訓となり、顧客満足度とサービスの革新の重要性を明らかにするでしょう。

メディア:https://www.iimedia.cn/

元記事:https://www.iimedia.cn/c1040/95727.html

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします