2023-2024年の中国ギフト市場:ギフト消費の新たなトレンドとは?

2023-2024年の中国ギフト市場:ギフト消費の新たなトレンドとは?

  1. 翻訳
  2. EC
  3. ギフト
  4. 消費
  5. 休日・祝日

近年、中国のギフト市場は大変化しています。感情を込めた日常ギフトがトレンドとなり、金額も分散し、オンラインでの購入が主流です。経済成長と生活水準の向上により、ギフト消費はますます発展が期待されます。本記事では、新時代のギフト消費について詳しく解説しています。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

中国ギフト市場における消費者は、ギフト消費に対する考え方が徐々に変わり、日常生活の中で感情を伝えることを重視するようになっています。過去の中国のギフト消費は主に春節、中秋節、端午節などの伝統的な祝日に集中していましたが、現在では祝日が一般化したことで、ギフト消費は集中から分散へと変化しています。

75919be009342ad672b96d4c47308e8f

ギフト消費者の消費金額について

iiMedia Researchのデータによると、2023年の中国ギフト市場の消費者によるギフト金額は比較的分散しており、100-5,000元のギフトを贈る消費者の割合は合計で90.2%で、その内訳は101-300元、301-500元、501-1,000元、1,001-3,000元、3,001-5,000元の消費者の割合はそれぞれ16.4%、22.3%、21.5%、18.9%、11.1%となっています。ギフトの金額が100元以下の消費者の割合は2.2%、5,000元以上の消費者の割合は7.6%です。中国の生活水準の向上に伴い、ギフト消費の金額にはさらなる成長の余地があるとiiMedia Researchのアナリストは考えています。

709384efcc69850f8cc09e199e956d00

ギフト消費者の購入チャネルについて

また、iiMedia Researchのデータによると、中国ギフト市場の消費者の中で、総合ECでギフトを購入する比率が最も高く、73.2%であり、ショッピングモール、ブランドのオフライン店舗、セレクトショップで購入する消費者の割合は61.9%、ギフトに特化しているECで購入する消費者の割合は39.0%でした。iiMedia Researchのアナリストは、ECの普及がギフトの購入時間とコストを大幅に短縮し、消費者にとってギフトを送ることを非常に便利にしたと考えています。

b90f90a1371c12e84cca2e8a861185b7

ギフト消費者のパートナーへのギフト購入タイミングについて

b1aab7a5db9b5a65f7524b3f70eaf25b

iiMedia Researchのデータによると、中国ギフト市場の消費者の中で、パートナー(カップルの相手)に特別な記念日(結婚記念日など)やカップル向けの日(バレンタインデーなど)にギフトを贈る割合が最も高く、それぞれ74.8%、67.8%であり、次に多いのは一般的な記念日(63.6%)、伝統的な祝日(32.6%)、ECのセール日(30.1%)となっています。中国のギフト市場の消費者が家族、パートナー、親友などにギフトを贈る際、半数以上の消費者のギフトの金額は301-3,000元の範囲に集中しており、2割以上の消費者のギフトの金額は3,000元以上で、ギフトの金額は分散する傾向にあります。これは収入状況や相手との関係性、ギフト基準レベルなどの要素の影響を受けています。将来的には、経済の発展と中国の国民の生活水準のさらなる向上に伴い、消費者のギフトの金額にはさらなる成長の余地があると考えられます。

メディア:艾媒网
元記事:2023-2024年中国礼物经济产业:礼物消费正从集中走向分散

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします