中国におけるサイバーセキュリティ取り締まり事例(2022年)

中国におけるサイバーセキュリティ取り締まり事例(2022年)

  1. 特集
  2. 中国ビジネスCOMPASS
  3. 株式会社クララオンライン
  4. サイバーセキュリティ法

2017年に発効した中国サイバーセキュリティ法から早くも6年が経ちました。近年、中国国内では個人情報保護への意識が高まり、サイバーセキュリティの重要性が一段と増しています。同様に、行政当局からのサイバーセキュリティ対策要件も厳しさを増しており、法に基づく等級保護認証の際、企業は社会的影響度に応じたインシデントレベルを考慮して等級が決定されます。この記事では、2022年に中国国内メディアが報じたサイバーセキュリティインシデントの一部を、クララオンラインさんが紹介します。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

以下は、中国の現地メディアが伝えた2022年のサイバーセキュリティインシデント事件の一部である。事件の概要とともに、適用された法令と罰則・罰金を整理した。なお「※調査中」とは、現地当局にて調査中であり、該当法令や罪状認否についてまだ結果が出ていない状態を示している。

b2e395a72838d5f6e3ee05d03c9bcbc8c295de0a92b1a842d24a94fe83b50b13b11a07a672f68f8c9dd2cf4c57614176325b07e57df8ddf377dbee6519785055

現状、日系企業に関する重大インシデント事例は確認できていない。しかし、インシデントを起こさないためのリスクアセスメントは今後も重要度が増していくと考えられる。インシデントが引き起こすレピュテーションリスクだけでなく、ガバナンス体制も含めて企業は対応を求められていくだろう。

クララオンラインコンサルティング事業部では各種中国サイバーセキュリティ法対策、中国現地法人のガバナンス体制構築に関するご相談を随時お受けしております。

コンテンツ提供企業:株式会社クララオンライン
メディアサイト:中国ビジネスCOMPASS

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
株式会社クララオンライン

Written by

株式会社クララオンライン

クララオンラインは、20年以上にわたり中国事業で抱えるビジネス・IT技術・人材領域の企業課題を支援しています。日中両国での起業・実務経験者に加えて中国弁護士資格を有するコンサルタントや経験豊富なエンジニアが多数在籍、専門的なビジネスコンサルティング支援からIT・クラウドなどの技術支援までお客様の中国事業の加速成長をワンストップで実現します。

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします