2023年、ベビーマタニティーブランドはどのようなコンテンツマーケティングをやっているのか?

2023年、ベビーマタニティーブランドはどのようなコンテンツマーケティングをやっているのか?

  1. 翻訳
  2. マーケティング
  3. ベビーマタニティ
  4. SNS

2023年のベビーマタニティ業界では、どのようなマーケティングトレンドが見られるのでしょうか?データによれば、ベビーマタニティ関連コンテンツの規模が急速に拡大しており、ブランドはSNSを活用して中国の親たちにアプローチしています。具体的なアプローチ方法はどのようなものがあるのでしょうか?この記事では、業界関係者にとって必見のトレンドを紹介します!

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

近年、ベビーマタニティブランド業界の市場規模は年々拡大しており、ブランドのオンラインでのマーケティング予算も増加し続けています。新しい消費観念とコンテンツ閲覧の習慣を持つ新世代の中国の親に対して、ブランドはどのようにSNSを活用してマーケティングを行っているのでしょうか?また、ベビーマタニティのマーケティングにはどのような変化があるのでしょうか?これらは業界関係者によって注目されている問題です。

この背景を踏まえ、新榜(メディア)は自社のビッグデータとSNSコンテンツへの考察に基づき、2023年のベビーマタニティ業界のマーケティング投資とユーザーコンテンツ消費のトレンドの変化を解析し、業界関係者が業界の動向をより良く理解できるようサポートします。

ベビーマタニティコンテンツの規模が急速に拡大し、デジタルマーケティングのニーズが高まる

1.ブランドの予算は持続的に増加し、コンテンツプラットフォームが重要なマーケティング領域になる。

近年のベビーマタニティ市場におけるブランドのマーケティング費用は増加し続けています。調査データによると、2022年において5割以上のベビーマタニティブランドがマーケティング予算を維持または増加させました。その中でも、5年以内の新しいベビーマタニティブランドの7割がマーケティング予算を維持または増加しました。

2.コンテンツの規模が急速に拡大し、ベビーマタニティのコンテンツが急増している。

ブランドの予算増加とユーザーが価値のあるコンテンツへのさらなる注目に伴い、ベビーマタニティコンテンツの規模が大幅に拡大しています。新榜のデータによると、Douyin(ドウイン)、Kuaishou、RED(レッド)、Wechat Channelなどのプラットフォームにおける2023年4月のベビーマタニティ関連コンテンツの総量は前年同期比で倍以上増加しました。また、ユーザーのインタラクション意欲も大幅に向上し、ベビーマタニティコンテンツの総いいね数は去年の1.5倍近く増加しました。

3.公域・私域の展開が加速し、ベビーマタニティブランドのデジタルマーケティングが進展している。

公域では、ベビーマタニティブランドのプロモーション実施頻度が明らかに向上しています。2023年4月、REDにおいて、ベビーマタニティブランドの月間投稿数は前年同期比で149%増加しました。

私域では、ベビーマタニティブランドにとって重要な接点であるWeChatの企業アカウントの規模も大幅に増加し、2023年にはREDのベビーマタニティ企業アカウントの数が前年同期比で19%増加しました。

価値あるコンテンツがベビーマタニティブランドの口コミマーケティングの基礎となっている。

REDプラットフォームを活用して、ベビーマタニティブランドのオフィシャル投稿の効果的な特徴を考察してみると、以下のような特徴が現れます。

1.価値至上主義であり、ママの経験に関連する投稿がオフィシャル投稿の焦点となっている。

プロフェッショナルで高付加価値なコンテンツはブランドによって高く評価され、ベビーマタニティブランドは高付加価値な内容に力を入れています。新榜のデータによると、REDのベビーマタニティ関連オフィシャル投稿のカテゴリーでは、ママの育児経験などに関するコンテンツの割合が最も高く、ブランドからのオファーを受けています。

2.実用主義であり、ベビー食品やベビーマタニティ用品の投稿が比較的高い割合を占めている。

ママの経験に関するコンテンツ以外にも、ベビー食品やベビーマタニティ用品など、実用的な価値の高いコンテンツも比較的高い割合を占めています。2023年4月のREDのベビーマタニティカテゴリの上位10の投稿ブランドを見ると、上位にランクインしているブランドはすべて幼児食品やベビーマタニティ用品に関連するものです。

3.エンターテイメント重視であり、ベビーマタニティの日常的なコンテンツが効果的な広がりを示している。

ベビーマタニティのさまざまな細分類のコンテンツの広がり効果を見ると、ベビーマタニティの日常的なコンテンツがリードしており、日常的なオフィシャル投稿の平均いいね数は2位を2倍以上上回っています。日常的なコンテンツはより広範な視聴者を持ち、対象ユーザーはベビーマタニティグループに限定されなくなっています。また、日常的なコンテンツはユーザーに娯楽や情緒的な価値を提供する面でも高いモチベーターとなり、総合的な広がり効果もより良くなります。コンテンツ制作の方向性を見ると、「パパが子供を育てる」や「赤ちゃんのクリエイティブな写真」などがベビーマタニティコンテンツで人気のある内容です。また、新榜の調査によると、早期教育に関連するコンテンツもユーザーの関心を集めており、平均的な投稿ごとの保存数は業界の平均値の1.8倍近くになっています。

4.静止画が主流であるが、動画コンテンツの伝播効果は静止画と比べても優れている。

ベビーマタニティコンテンツのフォーマットとして、静止画とテキストのコンテンツがブランドにより好まれています。REDのプラットフォームでは、写真とテキストのコンテンツが動画コンテンツよりも圧倒的に多く、コンテンツのボリュームは動画コンテンツの約3倍です。しかし、エンゲージメントの数値を見ると、実は逆です。動画コンテンツの平均いいね数は写真とテキストコンテンツよりもはるかに高いです。REDのビジネスコンテンツでは、動画コンテンツの平均いいね数は写真とテキストコンテンツの2倍以上です。さらに、爆発的な人気コンテンツの数にも大きな差があります。5万人から50万人のフォロワーを持つKOLの投稿コンテンツの中で、1,000以上のいいねを受けた爆発的なコンテンツの総数は約5倍の差があります。動画コンテンツの平均いいね数がより高く、爆発的な人気率も高いことが分かります。動画はより優れた宣伝効果です。

5.マイクロKOL・KOCがより高い宣伝コストパフォーマンスを持っている。

ブロガーの投稿タイプを見ると、ベビーマタニティの日常とママの経験が主流です。しかし、フォロワーの数から見ると、マイクロKOLやKOCが主要な連携ブロガーであり、5万人未満のフォロワーを持つブロガーが全体の70%以上を占めています。2022年のデータと比較すると、ブランドとの協力ブロガーの中でKOCの割合が増え、5万人未満のアカウントの規模が2倍以上増加しています。データの詳細な分析により、KOCがより高いエンゲージメントのコストパフォーマンスを持っていることが新榜によって発見されました。

宣伝効果を考慮すると、5万人未満のフォロワーを持つマイクロKOL・KOCのトータル宣伝量は、50万人以上のトップKOLの約2.7倍に近づきます。同時に、マイクロKOL・KOCのオファーの見積もりに基づくと、投資額はトップKOLの65%にすぎません。総合的に見ると、ブランドは65%のコストを投入することで2.7倍のエンゲージメント効果を得ています。ブランドのマーケティング戦略の背後には、実際には予算使いのコストパフォーマンスを追求するという意図があり、より低いコストでより高い宣伝効果を追求しています。

母婴品牌在为哪些内容买单?《2023母婴行业数字营销观察》报告发布!

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします