一億人の中国人若年層の消費意識:しっかりしたお金遣い

一億人の中国人若年層の消費意識:しっかりしたお金遣い

  1. 翻訳
  2. Alipay(支付宝)
  3. 消費
  4. Z世代

先日、Alipayの後払い機能「花呗」(ファーベイ)は「ビルアシスタント」(Bill Assistant)の公式データを発表しました。中国の若年層消費者の消費心理は昔と全く異なる「自分にとってより良い生活の質を追求する」という大きな変化を遂げました。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

Iimedia Researchによれば、8月24日 Alipayの後払い機能「花呗」(ファーベイ)は「ビルアシスタント」(Bill Assistant)機能運営二周年祭に際して、「ビルアシスタント」の相関データを発表しました。データによると、「ビルアシスタント」2.4億人の利用ユーザーのうち、1億人以上が1990年以降に生まれた20代の若者で、地域別で見ると、ユーザー数の上位都市順は上海、広州、深セン、北京、成都、杭州、東莞、重慶、蘇州、武漢となっています。

2021年に開発された「ビルアシスタント」はユーザーの「花呗」利用枠超えアラートや返済リマインダの機能だけでなく、返済プランや支払いの各段階でユーザーとのインターアクションが設定され、不合理的な消費行動を阻む仕組みが備えています。

ユーザーが毎月自分の設定した利用枠を超えた支払いの際には「ビルアシスタント」からのお知らせが自動的に届きます。データによれば、「ビルアシスタント」を有効化した利用者の中で、半数以上が自分自身の不合理な消費を阻むためにこの「リマインダー」を積極的に設定しています。現在、「ビルアシスタント」のリマインダーを利用しているユーザーの中で、74%のユーザーが自分の希望額通りの支出をしている。

若者の消費行動変化:「ビルアシスタント」をやり繰りしてうまく暮らす

現在のところ、若者たちは「数万円のライブチケットは絶対買う、コストコ会員証は絶対借りる」や「化粧品なら高いやつ買え、食べ物なら訳あり品でも大丈夫!」という矛盾の消費行為を繰り返しています。

「ビルアシスタント」のデータによれば、「ビルアシスタント」が主催した「小藍環節約チャレンジ」というイベントでは800万以上の参加者を招き、9割以上の挑戦者が自分の設定した目標を達成しました。このイベントは、「タピオカとコーヒー少量チャレンジ」や「ハンバーガーと揚げ物少なめコース」など特定シーンの設定によって、消費金額管理の実現を果たしています。昨年「ダブルイレブン」期間中では、「ビルアシスタント」が「ダブルイレブン帳簿」という機能を公開し、4,000万人以上のユーザーは往年の「ダブルイレブン」消費金額を比較しながら、買い物で節約していました。

現在の若者はお金を使うのが好きではなくなったのでしょうか?

実際、インターネット時代で育ち、物質的にも精神的にも豊かな暮らしをしている中国人のZ世代は「消費」に対しては自分らしい定義を持っています。それは「日常生活のニーズを満たすだけではなく、問題解決や自己満足を重視しています。」ということです。

コロナ禍の苦しい生活は若年層の消費心理を深く再構築し、「賢く生きる」という消費価値観は若者の中で流行っています。感染収束に伴い、報復性消費(リベンジ消費)の裏面にあるのは「質の高い消費」の始まりです。最低限のお金を使い、質素でありながら質の高い生活を送る「節約術」を学ぶ若者が増え、「ビルアシスタント」は、この節約生活への旅の第一歩です。

元記事: 1亿90后年轻人转变消费观念,正在“悄悄精打细算“

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
株式会社マイクロアド

Written by

株式会社マイクロアド

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします