中国ペット産業分析┃ 栄養価が高い機能性ペットフードが新しい消費トレンドになる可能性

中国ペット産業分析┃ 栄養価が高い機能性ペットフードが新しい消費トレンドになる可能性

  1. 翻訳
  2. トレンド
  3. ペット

中国のペット産業は急成長し、ペットフードの消費量が多く、機能性ペットフードがますます洗練される。中国のペットフードの新しい消費トレンドは?catalyst-crossing編集部が中国現地メディアの記事を日本語でお伝えします。

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー

ペット用品やペットフードの消費者ニーズの高まりとともに、多角的な展開がされている。近年、ペットフードは単なる満腹感だけでなく、神経、免疫、骨や関節などの修復・促進効果もある機能性ペットフードがますます洗練され、多様化しています。

iimediaコンサルティングが発表した「中国ペット産業の発展及び消費者調査報告書 2022-2023年」によると、中国のペット市場は、需要側、供給側、資本側が牽引して急成長しており、2022年の市場規模は前年比25.2%増の4兆9,360億元に到達。2025年には8,114億元になると予測されています。

中国ペットフードの市場規模及び予測

社会の発展とペット飼育ブームの普及により、高成長を続けるペット産業はブルーオーシャン市場となっています。ペットフードの消費量が多いため、多くのスタートアップ企業が参入しています。その結果、中国現地ブランドのシェアが徐々に高まり、海外ブランドのシェアは徐々に低下しています。iimediaコンサルティングによると、中国のペットフード市場の規模は2022年には1,732億元に達すると予想されています。

cda95eefa5519c7e7a4f26ebdc1b88f9

ペットの嗜好は、消費者がペットフードを購入する際の主な検討事項の一つ

ペットの飼育の重要性が増す中で、ペットフードの品質も重要視されるようになってきました。 ブランドの評価は、消費者の定着性を高め、リピート率を向上させることにつながります。 調査データによると、ペットフードを購入する際、6割以上の消費者がペットの嗜好を最も重視し、次いでブランドの評判、製品の原材料を重視していることがわかっています。

da1219119816dc53fbe8938eaa36ce22

中国におけるペットフード消費者の支出頻度・金額に関する調査

国民消費が堅調に推移している現在の社会背景では、個人の可処分所得が高いほどペットフードへの支出も多い傾向にあります。したがって、ペットフード消費は今後も堅調に推移し、ペットフードメーカーに新たな勢いをもたらします。調査データによると、中国のペットオーナーのペットフード消費頻度は、月に1〜2回または3〜4回に集中しています。80%以上の消費者が、年間平均500元以上を消費しています。

dd7b7dce01b90301c40a354bd6611c3f

中国ペット産業動向分析 2022-2023年

ペットフード業界は資本の注目度が高い
先進国のペット市場と比較すると、中国のペット市場は現在黎明期にあり、ペット関連産業が独立した産業となり、市場セグメントもますます洗練されています。この2年間、中国のペットフード業界では資金調達が活発化し、初期ラウンドが主流となりました。ペットフードは、ペット市場の重要な一環を担うものとして、常に資本家や起業家にとって有望な分野です。

栄養価の高い健康グッズが、ペットフードの新しい消費トレンドになる可能性

科学的なペット飼育の考えが徐々に受け入れられ、ペット飼育者はペットの健康な成長を重視するようになっています。ペット用スナックの市場需要は増加し、一人当たりの可処分所得の増加も消費者のペット消費への支払い意欲を高めています。栄養バランスやブランド力は、ペットフードの新しい消費者トレンドとなり、ペットフードの栄養比率やブランド認知度に注目する飼い主はますます増えています。
飼い主の科学的な給餌コンセプトに対する意識の高まりにより、機能性ペットフードはより大きな発展の可能性を持っています。ペットフードの補助食品として、ペット栄養剤はペット消費者のグレードアップのニーズに応え、今や単なる満腹感にとどまらず、ペットの神経、免疫、骨や関節の保護・促進効果も期待できます。

メディア: 艾媒网
元記事: 2022-2023年中国宠物行业趋势分析:营养健康产品或将成为宠物食品新的消费趋势

  • X (旧Twitter) で投稿
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • URLをコピー
邱曉萍

Written by

邱曉萍

中国広東省出身。中国で深圳大学を卒業後、大学院から日本へ留学し人文社会科学研究科を修了。卒業後は株式会社マイクロアドへ入社し、日本企業の中国プロモーション支援を担当

コメント

会員登録をすると、コンテンツへのコメントができるようになります!

新規登録

コメントはありません。

おすすめコンテンツ

注目のタグ

人気のコンテンツ

  1. もっと見る

最新コンテンツ

  1. もっと見る
catalyst-crossing

catalyst-crossing とは

中国経済情報の総合メディア
現地のリアルな情報をリアルタイムでお届けします